潜入レポート557 潜入プレイバック 出張性感 東京 鶯谷 即尺から赤貝攻撃で1発潜望鏡、アナルバイブと責められまくり2発目!

潜入レポート557 潜入プレイバック 出張性感 東京 鶯谷 即尺から赤貝攻撃で1発潜望鏡、アナルバイブと責められまくり2発目!

過去レポです。
この店は現在ないと思います。

夕刊紙のエッチ広告でみつけたその名も「即尺御殿」へ。
電話をすると鶯谷のラブホテル利用だそうで、
鶯谷に向かい駅近くのホテルにチェックイン。

そこから電話でホテル名と部屋番号を伝え、
受話器を置くとスグに確認の電話がかかってきて
好みのタイプを聞かれてので、逆にどんな女のコがいるかと聞くと
「20代、30代の人妻さんで色んなタイプがいますよ」と言われ、
小生は30代でスリムタイプをリクエスト。

待つこと15分でやってきたのは、
桃井かおりを若くしたような感じで30ちょっと過ぎぐらい。
彼女はテーネーに挨拶してシステムの説明、
70分コースの前金1万6000円を支払うと、
彼女は事務所に電話で報告して商談成立。

彼女は、お風呂の準備をして戻ってくると
小生の前にひざまずいて小生の洋服を脱がせてくれ、抱きついてキス。
舌をレロレロさせつつ愚足をシコシコ。

小生もたまらず彼女の洋服の上からオッパイをモミモミすっと、
彼女は色っぽい声を出しつつ洋服を脱いで
Tバックパンティも脱いでスッポンポン。

へてからウエットティッシュで
愚息をフキフキしてパックンくわれてカポカポ。
ふたりでベッドにもつれ込み、小生は指で赤貝攻撃、
即ヌレで中指がスッポリ入り中でクニクニしていると
お彼女のフェラもアップテンポになりドッピュンすると
一滴残らず吸い取ってくれました。

そしてお風呂に行くと、彼女がボディ密着させて洗ってくれ、お
風呂に入ると「失礼します」と入ってきて小生の両足を持ち上げて潜望鏡。
発射したばかりでシボんでいた愚息もムクムク。

改めてベッドに移動すると「おシリは大丈夫ですか」
と聞かれ「うん」と答えるとアナルバイブなどを出して並べ
「うつ伏せになってください」。
言われた通りすると背中じゅうをペロペロしてお尻もペロペロ。
四つん這いにされてアナルにローションをつけて指でホジホジ。

さらにアナルバイブを入れてスイッチを入れると
ブルル~ンと下半身にビミョーな快感。
アナルバイブから解放されると、
彼女は小生の胸から太ももを舐めてフェラチオ。

途中でタマタマやアナルも舐めてカポカポ。
ムクムク大きくなったところでシックスナインになり、
小生はバイブを彼女の赤貝にブチ込みスイッチオン。

彼女は色っぽい鼻声を洩らしながらもフンゴマラを続け、
2発目を発射すると、またしても一滴残らず吸い取ってくれマン。

○16000円+ホテル代
oyakata.jpg

TOPに戻る